食中毒の種類知ってる?



食中毒は、その原因になった因子・物質によって、(1)細菌性食中毒、(2)ウイルス性食中毒、(3)化学性食中毒、(4)自然毒食中毒、その他に大別される。 食中毒の直接の原因は、飲食物などに含まれていた有害・有毒な原因物質を摂取することによるが、その原因物質が直接に毒物として作用する場合と、原因物質が微生物であり、その増殖によって消化管の感染症を発症する場合に分けられる。広義には、前者を(a)毒素型食中毒、後者を(b)感染型食中毒と呼ぶ。(3)化学性食中毒や(4)自然毒食中毒はすべて(a)毒素型食中毒である。(1)細菌性食中毒や(2)ウイルス性食中毒では、その原因微生物によってタイプが異なり、(b)感染型食中毒を起こすものと、(a)毒素型食中毒を起こすものがある。(1)細菌性の毒素型食中毒の場合、原因となる細菌が食品中で増殖するとともに毒素を産生し、その食品を汚染することが食中毒の原因となる。この場合、増殖後に細菌を殺して除いても、毒素が残っていれば食中毒が発生する。また(1)細菌性食中毒では、病原菌が消化管内で増殖する際に初めて毒素を生成するものがあり、生体内毒素型食中毒と称されるが、これは感染型と毒素型の中間に位置するものとして、中間型食中毒とも呼ばれる。 梅雨など高温多湿となる夏期に、最も食中毒の発生件数が多い。このほとんどは細菌性食中毒である。しかしこれ以外の季節であっても、冬期にもカキ (貝)が原因とみられるノロウイルスが原因の食中毒が多く発生する。また、キノコやフグなどによる自然毒食中毒は、それぞれその食材の旬にあたる秋から冬にかけて多く発生する。 かつては、人から人へ感染が及ばないものとされていたが、O157 などの腸管出血性大腸菌やノロウイルスは患者から患者へ感染するため、近年、国際的には食感染症として伝染病とあわせ対策がなされている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

秘書のスキルの重要性

企業の現場でも、秘書検定を社員教育に取り入れているところは多く、一般社員のマナー・接遇に対する意識の向上、新入社員のための社会性の養成などが目的とされています。

まぶたのたるみについて

まぶた たるみについて。まぶたは1日に約2万回もまばたきをする場所です。しかも薄い皮膚で出来ているものですから、紫外線や乾燥などの刺激にも敏感に反応してしまう、とてもデリケートな部分なのです。さらに、ほかよりも皮脂腺が少ないので、乾燥しやすく、年齢とともに張りがなくなる部分です。

プラセンタ注射とは

プラセンタの成分がどのような効果をもたらしてくれるのか、ということは大体わかってきました。そして、プラセンタを摂取する方法もいくつかあるということがわかりました。その中で、プラセンタ注射について、さらに詳しく見ていくことにしましょう。

コラーゲン配合サプリ

コラーゲンの効果が口コミで評判のていねい通販のコラーゲンサプリ「すっぽん小町」。いつまでも若々しくいられると老若男女を問わずに売れています。
→→ 「すっぽん小町」の詳細はコチラから

リンパマッサージのやり方

そこで、それを補うためのリンパマッサージ やり方を行うことにより手足や顔のむくみ、たるみ、肩こりなどの解消、そしてセルライトの分解やダイエット効果も期待できるわけです。さらにリンパマッサージには美肌効果、バストアップなどの美容効果もあります。

自覚症状はあるのかな?

なかなか、これは坐骨神経痛だと自覚できないまま、日がすぎる人が多いと聞きました。では、坐骨神経痛 症状とはどんなものかを取り上げておきましょう。次のような痛みなどを感じた場合が、坐骨神経痛を発症していると疑ったほうがいいですね。

エステは効果があるのか??

ダイエットや脱毛など、女性の美のお手伝いをしてくれる「エステティックサロン」。様々なエステがありますが、その中でもラパルレのエステ体験は、ミスパリ・シーズラボ・エルセーヌなどとともに人気のようです。

ぎっくり腰の症状とは

ぎっくり腰の症状の現れ方も、すぐに痛くて動けなくなるケースと、ひねったときは何ともないのに、数時間ほど経ってからからズキズキと痛みはじめ、段々と動けなくなる、というケースとがあります。ぎっくり腰になると、腰の右左、どちらかに痛みが続き、自然に、上半身をそちらに曲げて痛みを抑えようとするものです。

プチ整形の副作用

プチ整形は簡単な施術であり永久性もないことから、安全性も高いとされています。ただし、安全性の高い施術であっても、リスクや副作用、注意しなくてはならないことはあります。それを確認しておきましょう。

にきびの原因!

にきびとは、皮膚の炎症性疾患です。一般的に、青年のものがにきびと言われ、大人のニキビは吹き出物と言われることが多いようです。顔・胸・背に現れるものを、医学的に「尋常性ざ瘡」とされ、そのうち、顔面に発生するものが通常、ニキビと呼ばれます。

コレステロールの概要

コレステロールは血液中に多くありますが、それ以外にも脳・脊髄・副腎・小腸・筋肉などにも含まれますが、このコレステロールの量がコントロールできなくなってしまうと、重大な病気を引き起こす事になりますので、意識してコレステロールの摂取をする必要がありますね。

グルコサミンの概要

最近注目されているグルコサミンは、加齢による関節の中の軟骨の減少に非常に効果のある栄養素です。グルコサミンは軟骨を再生させるために必要な栄養素で、関節痛に非常に高い効果を挙げているのです。グルコサミンを定期的に摂取することによって関節痛やリウマチなどに効果があるといわれています。グルコサミン人気ランキングで選ぼう!